おとなの矯正

成人矯正

大人になって矯正する目的として、噛み合わせの改善だけでなく審美的な改善もあります。

当院で主に使用する矯正装置

マルチブラケット装置(表側)

歯にブラケットという器具をつけ、ワイヤーを通して適切な力をかけ、歯を少しずつ動かしていくという方法です。

マルチブラケット装置

一つ一つの歯にブラケットを貼り付けていくので、ねじれた歯を動かすことにも適しています。 歯の移動速度が速く、治療期間も裏側矯正と比べると2~3年程度と短くすみます。
昔からある矯正装置ですがほぼすべての症例・症状に適応しています。

一方で、装置がついたままになるため、他の装置よりも目立つのと、汚れが溜まりやすいなどの傾向にあります。

合わせて使うことのある装置例

アンカースクリュー

固定限としてスクリュー(ネジ)を使うことがあります。

TPA

固定源として歯の裏側にもワイヤーを使うことがあります。

その他の矯正装置

リンガルブラケット(舌側マルチブラケット)

正面から見えないぶん、審美的に優れています。
一方で裏側(舌側)にあるので、慣れるまで違和感を持つ方もいます。
表側と比較して自分でも直接は見えないため、ブラッシングなど口腔衛生管理には 十分な注意が必要となります。さらに表側矯正に比べると、治療費が高くなり、期間も長くなることもあります。

マウスピース型矯正装置(インビザラインなど)

付け外し可能で清掃性がよく、透明に近いマウスピース型の装置を使用するため目立たないので審美的に優れています。 その一方で、終日の使用が必要であること及びトレーニングも必須になります。
また、歯の重なりが大きい方には向いていないなど、この装置が不向きな方もおられます。

保定装置

矯正力によって移動した歯は元に戻ろうとする傾向があり、これを防ぐため保定装置が必要です。
患者さんに適した装置をご提案いたします。

リテーナー

リテーナー

一般的に多く使われている取り外しができるリテーナーです。
ワイヤーが表側の歯並び全体を包み、裏側からは、透明なプラスチックのプレートが歯列を抑えます。

マウスピース型(アライナー)

マウスピース・アライナー

一般的に使用される取り外しができるタイプの保定装置になります。
ワイヤーが表の歯列を覆い、裏側の床(プレート)が歯列を挟み歯列の動きを抑えます。